しゃべり過ぎの人にピシャリ!「TMI」のご紹介

       
TMI

こんにちは。カフェトークのサリーです。
普段の生活で、「えっ!?」と赤面するようなプライベートな情報まで教えてくれる人っていますよね?「昨日のデートで〜した」とか、「痔であそこが痒くてたまらない」とか…
今日のキーワードは、「そんなこと聞いてないから!」と言いたくなるあの人にピッタリの一言 “TMI” です。




おしゃべりすぎの人にピシャリ!TMI!

TMI とは、“Too much information”の略。
つまり、「情報多すぎ!」、「話さなくていいよ!」ということです。

そのまま “TMI (Tee Em Eye)” と略してもいいし、”Too much information!”と、長いバージョンを使ってもオッケー。ドン引き気味に眉に皺を寄せるとなお効果テキメンかと思われます。

例1)

A: I met a guy last week. He’s such a great kisser.

先週いい男に会ってさ。彼ったらキスがとても上手なんだよね。

B: Oh, my God! What the 〇〇〇!? That’s too much information!

オーマイガット!何言ってんのお前?!別にそんなの聞きたくないから!

ちなみにこれが、SMS の会話だと、こうなります。

A: OMG! WTF! TMI!

”WTF” (What the 〇〇〇) の最後の単語は、皆様もご存じの通り、通常使ってはならない危険なものですが、WTF と略したバージョンは『驚愕』を表す言葉として、ニュースキャスターも使うほど浸透しています。カジュアルな場であれば、使っても問題ないでしょう。

例2)

A: Excuse me, I’m going to pee.

B: TMI! No need to say!

例3)

A: In the morning, I ate one boiled egg, some coffee, and…

B: TMI! I’m not interested in your breakfast at all.


いかがですか?「そんな情報べつに聞きたくないよ!」ってときに、ぜひTMIを使ってみてくださいね!



英作文のフルーツフルイングリッシュ