キーワードは“微妙に”!見栄えを良くするPhotoshopの微妙なエフェクト4つ

       
photoshop1

どうも〜!Photoshop勉強中でありますのび太です。
Photoshopはたくさんの機能があって難しく、特に最初の頃はかなり手こずりました!でもオンライン上の様々なチュートリアルサイトを参考に練習してきて、徐々にですが上達してきていると思います。
今回はPhotoshopを勉強した中で覚えてきた見栄えを良くするための微妙なエフェクトを4つだけご紹介します。僕が作ったモックアップをもとに違いを見ていきたいと思います。ちょっとの工夫でデザインが見違えるほと変わります!




見栄えを変えるPhotoshopのエフェクト4つ

大事なのは“微妙な感じ”

どんなにキレイな女性でもやたら派手な化粧をしてしまうと、ちょっとなぁ…( ̄^ ̄ と思うのと同じように、Webデザインもあからさまな加工は良く映らないです。一番重要な写真や文字などのコンテンツを邪魔しない程度の”微妙な”エフェクトがちょうどいいと思います。
「え?これ加工してたの?」って思ってしまうぐらいがちょうどいいでしょう。

photoshop1

グラデーション

ただ塗りつぶしただけだとのっぺりとした感じになりますが、ほのかなグラデーションをいれることで、立体感がでて見栄えが変わります。奥行きがあって生き生きと見えます。

グラデーションあり

gra2

グラデーションなし

gra1

ノイズ

ノイズを入れることで、質感(ざらざら感)が出て少しリッチな感じがします。思わず触ってみたくなるような。ほんのちょっとだけの違いなんですけど、わかります?

ノイズあり

noise1

ノイズなし

noize2

シャドウ

シャドウによってテキストが浮き上がり(奥行き)をもってより目立つようになります。でもシャドウが目立ちすぎると一気にダサくなるので、ほんの少しだけ加える事が重要です。

シャドウあり

shadow1

シャドウなし

shadow2

レタープレス

文字が埋め込まれたような効果をレタープレスと言います。高級感がでて印象が大きく変わりますね!

レタープレスあり

letterpress2

レタープレスなし

letterpress1


ひとつひとつの効果は微妙ですけど、使うことによってやはり印象が違います。組み合わせや使う素材によってはうまく使い分けていくといいと思います。まだまだ初心者ですが、これからもPhotoshopを勉強していって、もっといろいろ覚えていきたいっすね!

mockup1-5

どうっすかね?
「なんだNobita MobileS14って……」ってツッコミは勘弁して下さいね(_ _;)



英作文のフルーツフルイングリッシュ